目測と数字

ジャケットの型紙

 ウエスト寸法は70台で誰が見ても痩型の体型。ただしバストとウエストの差寸が少なく、数字だけ追って製図すると肥満体な型紙になってしまいます。  個人的な決着点としてはこの人には普通体の型紙でキッチリ合わせてあげたい。実際…

続きを読む →

B寸

胸寸式の割出し方

 先日に続いて製図の話に。今回はもうちょっと踏み込んだ内容に。 ‖ 基度になるB寸  昔の製図の参考書を見るとだいたいB寸というのを基度にして製図が引かれています。このB寸というのはバスト寸法を半分にした数字の事で、例え…

続きを読む →

ロシアンカーフの煙草入れ?

蒲団革の煙草入れ

 昔の凝った煙草入れコレクションの中で目に付いた一品。黒桟革(黒桟留革)や金唐革や羅紗の煙草入れが掲載されている中でこれはもしかして?と思ってピックアップ。ホーウィン社のハッチグレインと似ています。 ”このたばこ入れは、…

続きを読む →

製図の話

日本の紳士服業界においてこのお二人の名前は外せないでしょう。 磯島定二先生と貝塚正高先生。このお二人が現代の製図基礎となる部分を担ったと言っていいと思います。先生方の著書は技術の基礎的な事が書いてあり今でも通用します。 …

続きを読む →

直裁ち

講習会後の雑談で話題になったこのテーマ。何故直裁ちという手法に至ったか? この問に対して話し合って出てきたのは“紙は伸縮するから”という答え。 おそらく昔の紙の品質事情を考えると数字やメモ以外信用…

続きを読む →